神戸製鋼所 改ざん 内容 – 神戸製鋼副社長「改ざん、10年近く前から」 一問一答 :日本経済 …

なにがあったのか?

これに対し、神戸製鋼所の製品の品質数字改ざんや日産自動車の無資格者による検査などの不正は、明確な意識をもって指導した人物はいない

2017年11月9日(木)放送。日本を代表するメーカーで、いま不祥事が相次いでいる。神戸製鋼所では検査データの改ざんが発覚。取引先は、航空機

データ改ざん問題についての記者会見を終え、退席する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=東京都千代田区で26日午後、長谷川直亮撮影 神戸

神戸製鋼所が再び不祥事を起こしました。株価にも影響を及ぼすことは必死ですね。 今回の不祥事の内容は、納入先(顧客)との間で約束した基準(性能)に満たないアルミ製品や銅製品について、組織ぐるみで検査証明書のデータを書き換え、性能を偽装してい

神戸製鋼所に特大のスキャンダルが発覚しましたね。 過去にも不正献金などで問題となった神戸製鋼所ですが、今回はアルミの強度データを改ざんしていたのだとか・・・ 車などの部品に幅広く使用されているだけに、かなりの影響がでそうです。

で、この神戸製鋼のデータ改ざんアルミの内容ですが、 アルミ・銅製品などの一部について、検査証明書データが改ざんされ、顧客企業と交わした製品仕様に合わない不適合品が出荷されていた 主な製品:

神戸製鋼所は8日、アルミニウムや銅製品の一部で強度や寸法などを偽って出荷していたと発表した。対象品の納入先はトヨタ自動車や国産

神戸製鋼のスキャンダルが話題になっていますね。日産のスキャンダルもあり、不祥事が続いています。 市場が好調な時にこのような不祥事は本当に痛い材料ですが、今回神戸神鋼のデータ改ざん問題についてまとめていきたいと思います。 神戸製鋼所とは?

鈴木商店全額出資の下、株式会社神戸製鋼所として発足。 大正時代. 1915年(大正4年)8月 – 日本海軍から魚雷発射管用空気圧縮機の開発要請。国産初の空気圧縮機。機械系事業の起源となる。 1916年(大

本社所在地: 日本, 〒651-8585, 神戸本社 兵庫県神戸市

神戸製鋼所でまた、品質管理の不祥事が発覚した。自動車に使われるアルミニウム製品の強度などを偽って出荷。1年前、グループ会社でばね用

2017年10月に発覚した神戸製鋼所をきっかけに三菱マテリアル、東レなどと続いた日本企業の品質管理データ改ざん問題は、弁護士らによる社外調査委員会の調べで不正の核心と背景が解明されつつある。

神戸製鋼所のデータ改ざんこれって三菱自、日産、タカタ以上にかなりヤバいですよね?神戸製鋼所の製品を使用する会社って国内外、航空機、自動車、鉄道、造船等々下手したら神戸 製鋼所、潰れちゃいますよね?航空機では三

Read: 11248

神戸製鋼所の一連の不正問題で、前社長の佐藤広士相談役(72)が11日、産経新聞などの取材に応じ、今回の問題は全社的な工程の課題点洗い出し

神戸製鋼所の製品検査データの不正問題が拡大している。端緒となったアルミ、銅製品のデータ改ざんのほか、鉄粉製品の強度などのデータ

神戸製鋼が倒産の危機?神戸製鋼所データ改ざんが内部告発で発覚. 10月10日15時より神戸製鋼所への対応について、経済産業相の記者会見が行われましたが、その際一番冒頭の辺りで「9月末に神戸製鋼所から一報があった」という旨を話しています。

Oct 31, 2017 · [神戸/東京31日 ロイター] – 「モノづくり日本」の失墜につながるのか──。神戸製鋼所(5406.T)の製品データ改ざん問題が、底なし沼の様相を呈し

10月11日夜、データ改ざんをしていたと報道のあった神戸製鋼所が、「今回の不適切行為に関するご報告について」と会見を行いました。会見には勝川常務執行役員と経営企画課の宮岡氏が出席し、説明に

神戸製鋼所、強度などの検査証明書のデータを改ざんして出荷のニュースを見ましたこれまでのところ、出荷した製品の安全性に具体的な問題は確認されていないとしています。 とありますが、何故改ざんが発見されたのでしょ

Read: 2445

10月8日、神戸製鋼所はアルミや銅製品の一部について、強度などを偽って、検査データを改ざんして、出荷していたというニュースが流れています。神戸製鋼所といえば、日本の大手鉄鋼メーカーです。一体、どんなことが行われていたのでしょうか?

品質憲章. kobelcoグループは、製品、サービスにおいて「信頼される品質」を提供するために法令、公的規格ならびにお客様と取り決めた仕様を遵守し、品質向上に向けてたゆまぬ努力を続けてまいります。

神戸製鋼所は、アルミ・銅製品などの品質データを改ざんしていた問題に関して外部調査委員会による調査が完了し、報告書を公表した。 それに

神戸製鋼所によるアルミ製品の性能データの改ざん問題では、全国4カ所の工場で管理職が把握するなど、不正が長年横行していたことが明らかに

神戸製鋼所の検査データ改ざん問題で、製品の品質を最終確認し、場合によっては出荷を差し止める権限を持つ品質保証担当者が自ら、検査データを改ざんしていた例があることがわかりました。 この問題について、こちらも読まれています。 神戸製鋼の改ざん内容は?それはいつから?出荷先

神戸製鋼所のアルミ・銅部門で1990年代に働いていたOBが18日、共同通信の取材に応じ、仕様を満たさない製品を顧客に無断で納入しても問題と

神戸製鋼所のアルミ・銅製品の性能データの改ざん問題を巡り、同社の国内工場で数十年前から不正が続いてきたことが16日、関係者の話で

[PDF]

不正が行われたことが確認された神戸製鋼所等製品は、現在供用中の原子 力施設において使用されていない。 神戸製鋼所等によるデータ改ざん問題の調査状況 ・神戸製鋼所においては、2016年9月 から2017年8月の間に出荷した製品

神戸製鋼所 データ改ざんを受けて会見 10月13日 #1/4 神戸製鋼所 データ改ざんを受けて会見 10月13日 2017年10月13日 に開催 神戸製鋼所が鉄鋼製品でもデータ不正が行われていたことが明らかになりました。これを受けて10月13日

神戸製鋼のデータ改ざんなどの不正は10年以上も前から行われていたとのこと。 その不正内容は、取引先に納品した製品の強度が基準に達していないにもかかわらず検査証明書のデータを改ざんし納品していたとのことでした。 そこで神戸製鋼所の誰が

神戸製鋼所は10日午後、アルミ・銅製品を中心にした検査データ改ざんに関する調査報告書を経済産業省に提出。同日、川崎博也社長らは都内で

「線材の神鋼」「自動車の神鋼」とも呼ばれる神戸製鋼所。同社の品質データ改ざん問題は一段と範囲を広げ、アルミ・銅製品だけでなく主力

データ改ざん初公判 神鋼が起訴内容認める. 2018.12.12. ツイート; 立川簡裁に入る神戸製鋼所の山下淳二法務部長(左端)ら=12日午後1時すぎ

神戸製鋼のデータ改ざんなどの不正は10年以上も前から行われていたとのこと。 その不正内容は、取引先に納品した製品の強度が基準に達していないにもかかわらず検査証明書のデータを改ざんし納品していたとのことでした。 そこで神戸製鋼所の誰が

神戸製鋼所がアルミ製品・銅製品の強度を偽り、証明書のデータを改ざんした上で、商品を納入していた事が分かり世間を騒がせています。 納入先先にはトヨタ自動車や三菱航空機も含まれており、かなり話は大きくなりそうです。というか、

“生煮えの中間報告”――そんな印象の調査報告書だった。品質検査データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼所は11月10日午後、「原因究明と再発防止

神戸製鋼所が倒産する可能性(確率)はどのくらいあるでしょうか。アルミ・銅製品の性能データの改ざん問題が発覚した神戸製鋼は、10月11日(水)に別の製品でも改ざんがあったことを明らかにしました。別の製品とはこちらです。 ターゲット材・・・光デ

神戸製鋼所は鉄鋼業界の中でも売上高が第3位の大手鉄鋼メーカー。当然たくさんの企業が神戸製鋼所の材料を使用しています。 データ改ざんや不正の内容はたくさん報道されているのですが、私たち一般ユーザーへの実害はないのでしょうか?

神戸製鋼の納品物のデータ改ざんが問題視されていますが 日産自動車も記憶に新しいここ最近 不適格な検査による大量リコール(回収・無償修理)が発覚して 日本の「ものづくり」に対する信頼が揺らいでいるのでは?と ・・・

kobelco 神戸製鋼グループは、素材・機械・電力を3本柱とする製品・技術で人々の暮らしを支え、社会に貢献しています。

(2ページ目)2017年10月に発覚した神戸製鋼所をきっかけに三菱マテリアル、東レなどと続いた日本企業の品質管理データ改ざん問題は、弁護士らによる社外調査委員会の調べで不正の核心と背景が解明されつつある。三菱マテリ

神戸製鋼所のアルミ・銅部門で1990年代に働いていたOBが18日、共同通信の取材に応じ、仕様を満たさない製品を顧客に無断で納入しても問題と

神戸製鋼所のデータ改ざん問題が、中国でも注目を集めている。中国メディアは「日本製を愛しているとは言い難い状況に

現在、神戸製鋼の不正問題が大きく取り上げられている。不正についての基本的な考え方は以下記事で述べたとおりであるが、再度私の考えを一言で述べると、 不正を行う人間はカスであるが、残念ながら不正はどこにでもあり、なくならない ということになる。

[PDF]

神戸製鋼所の仕様改ざん事件の発覚は、日本の鉄鋼産業が2010 年代に入り、 崩壊段階に入ったことを象徴する事件であるという指摘もあるが、(小塩丙九郎=元官僚の 経済評家的ブロッガー)データを改ざんして対顧客の製品仕様記載内容で嘘をついたとい

2017年11月21日 公益財団法人 日本適合性認定協会 . 2017年10月に発覚した株式会社神戸製鋼所のデータ改ざん問題に関し、株式会社コベルコ科研及びその他の関連会社の関与が疑われたため、iso/iec 17025に基づき本協会が認定し、株式会社神戸製鋼所と資本関係にある試験所について、データ改ざん

神戸製鋼といえば大手企業ですが、昔から不祥事の絶えない会社でもありました。 そんな神戸製鋼に新たに出てきたのがアルミや銅などの検査データ改ざん問題です。 今回はそんな神戸製鋼のデータ改ざん問題について書いてみたいと思います。

神戸製鋼所が10月8日に公表したデータ改ざんの不適切行為を受け、10月19日までにトヨタ自動車、本田技研工業、スバルの3社がそれぞれ安全性

鉄鋼大手「神戸製鋼所」は10日、グループ会社の「神鋼鋼線ステンレス」が9年以上にわたってステンレス製品のデータを改ざんし、JIS規格の強度

Oct 10, 2017 · 経済産業省製造産業局の小見山康二金属課長は10日、神戸製鋼所 に対し、アルミ・銅製品の性能データ改ざん問題に関する違法性や安全性

神戸製鋼が製品の検査証明書のデータを改ざんして、取引先に納品を行っていたことが問題になっています。また新たに子会社の不正も発覚しました。神戸製鋼所の内部告発者が誰なのか、倒産の可能性や確率と子会社売却についてお伝えします。

神戸製鋼所は10月8日、検査の未実施やデータ改ざんの製品の納入先は約200社と公表。だが、11日には鉄粉事業や子会社でもデータ改ざんがあり70社増えた。さらに13日の会見では、その後の調査で約500社に膨らんだことを明らかにした。

鉄鋼3位の名門・神戸製鋼所の品質に関するデータの改ざん問題が泥沼化してきた。交換費用請求や損害賠償、他社製品への乗り換えなどで売上減

鉄鋼大手、神戸製鋼所(以下、神戸鋼)が窮地に立たされています。アルミ・銅製品を中心とした検査データの改ざん事件が発覚。 本体関連だけで200社以上、グループを含めると500社以上にものぼるかつてない大規模な不正事件に、株

改ざん度合いによって、自動車メーカーはリコールを迫られる可能性もある。今後部品交換などを余儀なくされれば、神戸製鋼が費用負担を求められるリスクが浮上する。 神戸製鋼所のアルミ・銅部門の経常利益は、グループ全体の25%を占める。

品質データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼所。今回新たに経営幹部の関与が浮上した(撮影:ヒラオカスタジオ)やはり経営幹部が改ざんに「関与

神戸製鋼所は顧客の個人情報や営業秘密の保護を理由に、第三者委員会が提出した最終報告書を非公開とし、その内容を自社でまとめたものが本報告書となっています。

神戸製鋼所は品質検査で基準に満たなかったアルミニウムと銅製品を200社以上に販売したという、驚くべき事実を明らかにした。しかも、基準に

神戸製鋼所によるアルミニウムや銅製品の一部での検査データの改ざんなどの不正行為が、10年以上前から行われていた