大型店舗法 – 大規模小売店舗法

サマリー

大規模小売店舗立地法(だいきぼこうりてんぽりっちほう)は、日本の法律である。 略称は大店立地法(だいてんりっちほう)。. 目的は大規模小売店舗の立地に関しその周辺の地域の生活環境の保持のため、大規模小売店舗を設置する者によりその施設の配置及び運営方法について適正な配慮

法令番号: 平成10年6月3日法律第91号

ASCII.jpデジタル用語辞典 – 大規模小売店舗法の用語解説 – 店舗面積500平方m以上の大規模小売店舗の出店に伴い、周辺の中小小売業者の事業活動の機会を保護することを目的に、出店規模や営業時間・日数等について調整する法律。略称は大店法。1973年施行。

[PDF]

大規模小売店舗立地法の解説 〔第4版〕 平成19年5月 経済産業省 商務情報政策局流通政策課

日本初のコンビニエンスストアチェーン「セブン-イレブン」の出店と同じ昭和49年、大型店の出店を規制する「大規模小売店舗法(大店法

1.大規模小売店の出店規制

これまでに茨城県に提出された、大規模小売店舗立地法に基づく届出は以下の通りです。 各店舗名をクリックすると各届出の概要を見ることができます。(縦覧期間のみ) 県意見の送付日欄の「意見あり」をクリックする

法第6条第5項の届出 大規模小売店舗の店舗面積を1,000平方メートル以下にする際の届出 ※届出書の縦覧は行っておりません. 店舗の名称. 届出日. 札幌美しが丘商業施設. 令和元年5月30日. サッポロドラッグストアー北8条店. 令和元年5月20日. dcmホーマック菊水

大規模小売店舗の変更の概要について(ダイレックス三津店) 大規模小売店舗立地法第8条第4項の規定による県の意見について((仮称)松山西複合商業施設ほか) 大規模小売店舗立地法第8条第4項の規定による県の意見について(ダイレックス北宇和島店)

大規模小売店舗の届出事項を変更しない旨の通知に対し県の勧告を行わない旨の公告(法第8条第7項) なし. 大規模小売店舗の県の意見を踏まえた変更届出に対し県の勧告を行わない旨の公告(法第8条第7項) なし. 大規模小売店舗立地法関連情報へ戻る

大規模小売店舗立地法についてのページは、次のurlに移転しました。 流通企画グループ(大型店の出店に関すること) 電話 045-210-5609.

東京都産業労働局 商工部地域産業振興課大型店環境調整担当 電話:03-5320-4788(代表) FAX:03-5388-1461 e-mailアドレス:[email protected] 住所:〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1都庁第一本庁舎20階北側

大規模小売店舗立地法について . 2.公告・縦覧、意見書の提出 . 3.大規模小売店舗立地法に基づく手続きと関係書類について . 4.届出一覧 . 5.福岡県大規模小売店舗立地審議会

大規模小売店舗立地法とは 大規模小売店舗立地法(大店立地法)は、大規模小売店舗を設置する者が、その周辺の生活環境の保持のため、施設の設置や運営方法について適正な配慮がなされることを確保するよう求めるための手続きを定めた法律です。

2019/10/07 更新 大店立地法新設届出情報 2019年8月

大規模小売店舗立地法届出状況 2019年12月11日 2019年12月24日ジョーシン上牧店(6条1項変更届出) 2019年12月11日

大規模小売店舗立地法に基づく届出、意見等の公告、縦覧状況; 大規模小売店舗立地法関係法規集; 大規模小売店舗立地法の概要; 大型店、チェーン店の地域商業貢献に関するガイドライン; 大規模小売店舗立地法について; 届出の概要等

大規模小売店舗立地法は、大規模小売店舗(店舗面積が1,000平方メートルを超えるもの)の立地によって生じる「周辺地域の生活環境への影響」について、店舗の設置者に対し、「指針」に基づく配慮を求めるための手続きを定めた法律です。

大規模小売店舗立地法に基づく届出、意見等の公告、縦覧状況; 大規模小売店舗立地法関係法規集; 大規模小売店舗立地法の概要; 大型店、チェーン店の地域商業貢献に関するガイドライン; 大規模小売店舗立地法について; 届出の概要等

大規模小売店舗立地法(大店立地法)は、大型店が地域社会との調和を図っていくためには、大型店への来客、物流による交通・環境問題等の周辺の生活環境への影響について適切な対応を図ることが必要との観点から、地域住民の意見を反映しつつ、地方自治体が大型店と周辺の生活環境との

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 大店法の用語解説 – 正称は〈大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律〉。大店法とも略称する。1956年に制定された百貨店法に代わって73年に制定され,翌74年から施行された。

大規模小売店舗立地法. 法運用の流れ(大規模小売店舗立地法) 大型店が立地する周辺住民の皆様へ; 届出状況(大規模小売店舗立地法) 説明会開催情報(大規模小売店舗立地法) 大規模小売店舗立地審議会審議結果・議事要旨

大規模小売店舗立地法」は、大規模小売店舗が不特定多数の顧客を集め、大量の商品等の流通の要となる施設であり、また、生活利便施設としての生活空間から一定の範囲内に立地するという特性を有することに着目し、大規模小売店舗の設置者に対し特に

[PDF]

店法」は, 近隣の中小小売店舗に与える経済的影 響を抑制する目的で店舗面積が500m2以上の大規 模小売店舗に対して, 店舗面積, 営業時間等を規 制し, 地元商店との共栄共存を図るものであった。 しかしながら, 商業調整の必要ない住宅地や郊外 への大型

このため、大店立地法は、大規模小売店舗の設置者が配慮すべき事項として大規模小売店舗の立地に伴う交通渋滞、騒音、廃棄物等に関する事項を定め、大型店と地域社会との融和を図ることを目的としています。 (2)対象となる大規模小売店舗

[PDF]

(3)大規模小売店舗立地法の手続が必要な場合 ① 大型店の新設(床面積変更、又は既存の建物の全部若しくは一部の用途の変更 により大型店となる場合も含む。) 届出 8月制限 説明会 地元意見 市の意見 大型店の新設をしようとす るとき

大規模小売店舗立地法について

大規模小売店舗の立地に関し、その周辺の生活環境の保持に係る事項を調査審議するため、大分県大規模小売店舗立地審議会条例(H12年3月31日 大分県条例第13号)に基づき、「大分県大規模小売店舗立地審議会」が設置されています。

大規模小売店舗立地法の届出状況. 平成12年6月1日から現在に至る大規模小売店舗立地法に基づく届出の状況については、以下の一覧表をご覧ください。(このデータは、毎月1回更新します。) 令和元

このため、大規模小売店舗立地法を制定し、大型店と周辺の生活環境との調和を図っていくための手続等を定めることとする。 法律の概要 対象となる大型店は、店舗面積1,000平方メートル超のもの。 (政令

大型店の設置者に周辺地域の生活環境への配慮を求める制度 大規模小売店舗立地法(大店立地法)は、大規模小売店舗を新設するとき、または、開店後に施設の配置や運

こうして、1998年の第142回国会において、大型店を規制する考え方から転換し、大型店と地域社会との融和の促進を図ることを目的とし店舗面積等の量的な調整は行わない「大規模小売店舗立地法」(大店立地法)が成立し、この新法により「大店法」は廃止

このため、大規模小売店舗立地法を制定し、大型店と周辺の生活環境との調和を図っていくための手続等を定めることとする。 法律の概要 対象となる大型店は、店舗面積1,000平方メートル超のもの。 (政令

法第5条第1項届出(大型店の新設) 法第6条第1項届出(店舗名称所在地・設置者・小売業者の変更) 法第6条第2項届出(店舗面積・施設配置・施設運営方法の変更) 法附則第5条届出(既存店の変更) 横浜市における大規模小売店舗の状況と店舗一覧

大規模小売店舗を新設する場合に必要となる届出です。 附則5条1項届出 大規模小売店舗立地法施行時における既存の大規模小売店舗が、最初に施設及び運営に係る届出事項の変更を行う場合に必要となる届出です。これによって既存店舗は本法の体系に

法第6条第2項: 駐車場及び駐輪場の位置及び台数、 出入口の数及び位置 店舗面積については、小数点第1位を四捨五入表記 店舗名をクリックすると、届出の概要をご覧になることが出来ます。

大規模小売店舗立地法届出に関する記事

大規模小売店舗立地法届出状況 法第5条第1項 新設届出 一覧. 法第5条第1項新設届出一覧(エクセル:59kb) 法第5条第1項新設届出一覧(pdf:380kb) 法第6条第2項 変更届出 一覧. 法第6条第2項変更届出一覧(エクセル:86kb) 法第6条第2項変更届出一覧(pdf:192kb)

大規模小売店舗立地法の届出状況. 平成12年6月1日から現在に至る大規模小売店舗立地法に基づく届出の状況については、以下の一覧表をご覧ください。(このデータは、毎月1回更新します。) 令和元

大店法の改正について。大店法が廃止されるまでに、改正されていると思うのですが、何年にどのような内容が改正、緩和されたのでしょう?大店法が廃止されるまでの内容について教えてください。 また、それによって大型シ

福島県大規模小売店舗立地審議会: 大規模小売店舗立地法の特例措置: 公告及び縦覧の取扱いについて: 各種届出縦覧(地方振興局) 届け出状況及び法第8条第4項に基づく県の意見については、更新日で福島県報で公告済みのものです。

大店立地法フロー図 (Excel : 65KB) ※山口県では「大規模小売店舗の立地に関するガイドライン」を策定しています。 大店立地法の手続の前に「出店計画書」の提出等についてご協力をお願いします。

鹿児島県大規模小売店舗立地審議会(第118回)の開催について; 大規模小売店舗立地法にかかる届出内容の公告について; 大規模小売店舗立地法(大店立地法)について; 新設届(法第5条第1項) 変更届(法第6条) 廃止届(法第6条第5項) 承継届(法第11条第

大規模小売店舗立地法について. 大規模小売店舗立地法の概要 大規模小売店舗の立地に関し,その周辺の地域の生活環境の保持のため,その施設の配置及び運営方法について適正な配慮がなされることを確保するため,「大規模小売店舗立地法」が制定され

平成12年6月1日に大規模小売店舗立地法が施行されました。 これに伴い、大規模小売店舗周辺の中小小売業者の事業活動の機会確保のための商業調整から、大規模小売店舗周辺の住民の生活環境の保持へと、大規模小売店舗の影響を捉える観点が変わりました。

大店立地法は、大型店の立地により、交通渋滞や、騒音、廃棄物などの問題が生じないよう、その周辺の生活環境を守るため、大型店の設置者に施設やその運営方法などについて配慮してもらうことを目的

[PDF]

まず、大型店の定義をここで述べておく。大型店は正式には大規模小売店舗といわれ、大 規模小売店舗立地法によって店舗面積が1,000㎡以上の小売店舗と定められている。そこで この定義に従って以下大規模店舗とは店舗面積が1,000㎡以上の小売店舗とする。

大規模小売店舗立地法に係る意見書様式 (補足)「縦覧」に和歌山県報と記載のある店舗の届出書は、出店地市町村、当該市町村を管轄する振興局企画産業課及び県庁商工振興課で縦覧できます。

大規模小売店舗立地法は、大型店が地域社会との調和を図っていくためには、大型店への来客、物流による交通・環境問題等の周辺の生活環境への影響について、適切な対応を図ることが必要との観点から、地域住民の意見を反映しつつ、地方自治体が大型店と周辺の生活環境との調和を図って

大規模小売店舗立地法事務手続の手引(更新日:平成28年4月1日) 1大規模小売店舗立地法に基づく届出について(pdf:199kb) 2大規模小売店舗の届出に係る事前協議について(pdf:453kb) 3-1静岡県大規模小売店舗立地法事務処理要領(pdf:109kb)

大規模小売店舗立地法の概要 「便利さ」と「快適さ」が調和するまちへ. 大型店が開店すると、買物をする場所や商品の種類が増えて便利になる反面、交通渋滞や騒音などが近隣生活環境に様々な影響を与える可能性があります。

大規模小売店舗立地法の届出. 店舗面積が1000平米を超える大規模小売店舗が立地する場合、不特定多数の来客や物流等を伴うため、交通問題や騒音など、その周辺地域の生活環境に影響を与える可能性があ

大規模小売店舗立地法に基づく届出状況(届出の概要及び手続の状況) 平成19年度以降の届出の概要と手続(公告・縦覧等)の状況を表形式(エクセルファイル)でお知らせしています。

[PDF]

特に、平成11 年度に大型店舗着工床面積がバブル期以降最高水準に達した( 図2参照)の は、大店法が廃止され、大規模小売店舗立地法( 以下「 大店立地法」という。) が施行されること となったことが大きく影響している。

大規模小売店舗立地法による届出と縦覧(「アピアリ八田ほか3店舗」の大規模小売店舗を設置する者の代表者の氏名の変更ほか) 2019年12月20日 大規模小売店舗立地法による届出と縦覧(「呉服町ビジネスセンターほか3店舗」の小売業を行う者の代表者の氏名の変更) 2019年12月20日

大規模小売店舗情報. 大規模小売店舗の出店状況などの情報です。 大規模小売店舗立地法関連情報(群馬県). 大規模小売店舗の案件処理状況(群馬県). 大規模小売店舗立地に係る公告(群馬県). 大規模小売店舗の地域貢献ガイドライン(群馬県). 大店立地法の届け出状況について(経済

大規模小売店舗立地法第8条第2項に基づき、大規模小売店舗の届出に対して、周辺地域の生活環境保持の観点から意見がある場合、公告の日から4か月以内に、富山県商業まちづくり課へ意見書(関連ファイル参照)を提出することができます。

大型店を廃止または店舗面積が1,000㎡を下回るようになった場合は、廃止届を提出して下さい。 手続きの流れについてはこちら → 大規模小売店舗立地法の手続きの流れ 3 届出事項について

本ページに関する問い合わせ先 三重県 雇用経済部 中小企業・サービス産業振興課 サービス産業創出班 〒514-8570 津市広明町13番地(本庁8階)

[PDF]

-2以降に示す。)郊外の大型店出店の増加の背景には、大規模小売店舗法の廃止が大きく影響 していると考えられる。大型店出店に対する規制緩和により大型店の出店に拍車がかかった。 大規模小売店舗法(以下、大店法)は1974 年に施行された。