なめし革処理 – 【革ができるまでの工程】革をなめす前の下準備とは?

「クロム鞣し革の床処理やコバ仕上げについてのまとめ 」への2件のフィードバック Ichizawa 2017年10月7日 7:20 PM. 横失であります。クロム鞣しは熱に強い・対候性に優れるなどの長所がありますが、どんなにコバを丁寧かつ長く磨いても汚く仕上がってしまうというのがありますね。

原皮の仕入れから始まるなめしの工程は、一般にはなかなか見る機会も少なく、知られていない。今でこそ、革への理解度をより持ってもらうために、工場見学などを企画している企業もあるが、その全容をここではタンニンなめしでご紹介しよう。

革といっても、いろいろな種類があります。これからレザークラフトを始めようという人は、ひとまず革にどんな種類があるのか、どういう特徴があるのかというのを頭に入れておくと、作品作りにおいて、作品に適した革選びができます。ということで、今回はレザ

革の防腐処理を施します。 この「皮に防腐処理を施す作業」のことを 【皮をなめす】といいます。 この【なめし作業】を終えると【皮】から【革】へと生まれ変わって、 私たちが普段から身近に接している革(レザー)となります。

なめしの目的

こんにちは、革村です